Saturday, October 21, 2017

決戦は明日 Redbull Box cart Race 03車検行って来た!とライブ配信のお知らせ


なんとかマシンも出来て今日は赤坂サカスに行って
レッドブルお姉さんからレッドブルをもらって、
僕らからはお米をプレゼント。
ちょうど大盛り一杯分のお米が入ってる
明日は天気イマイチだけど、
これ配ってるから会いに来て下さい!
遠くてどうしても来れない人はライブ配信があるよ。


ここからライブが見られるはず
全部で65台出走して、
われわれお米たべてー!TEAMは45番目スタートだ
多分2時過ぎくらいかな

走り出したら20秒くらいで終わっちゃうから
なんとなく気にしててください
最後の仕上げにコックピットの内側を黒く塗って


これが完成形
重さは77キロくらい、
制限の80キロには結構ギリギリだった

コックピットの中には
お米を大きくしたような粒状のものが見えるだろ?

もう本当に紙で袋を作ったようなものなんだ。


紙だから雨には恐ろしく弱い
そこで専用の雨カバーを作った。

目はお米の形になってる。



出走前に展示する時は
これを被せておきたいので、
みんなに謝っておく。
本番では脱ぐからさ




これはいつもお世話になってる
野口シートに作ってもらったタグ
フライトじゃなくてファイト!
戦う前に外せ!ってことね









こっち見てる
会場ではカバーの方が派手で目立ってる感じなんだ



ダンパーの調整も済んだ

車検では雨に濡れないようにみんなでシートで傘をさす
ブレーキテストと広告スペースの確認と
計測用の機械を付けて車検は終わり。
でもちょっとビックリしたのは
自作のカートって書いてあるわりに
自転車にでっかいボディ乗せただけとか、
本当のエンジンカートからエンジン外した車体もたくさんいるってこと。

これはますます負けたくない!

車検の後は
カレーを食べたいってことになって、
犬ブログに出てくるキッチン南海神保町へ!
マスコットガール達も大きなカレーをぺろりと平らげたよ。



中條さんいつも
ごちそうさまです!!
今日は中止が決まるとしたら午後6時って言ってたけど
連絡は来なくて胸をなで下ろす我々
さて、明日はどんな感じになるのかな。

これは5月、苗を植える前の田んぼ
お米をつくらなくなるとこんなきれいな景色も見られなくなる。

まだギリギリ投票出来るかな
なんと我々は現在2位
一位とは15票近く離されてるけど
組織票なしでこの結果は本当にすごい。
みなさんありがとうございました!
与えられるのは名誉だけ。



ここの下の方から投票してくれるととてもうれしいです。



Friday, October 20, 2017

みんなありがとう!Redbull Box cart Race 02


前日茨城で仕事を終えてからまたカート作ってる工場に行って
オーリンズのステアリングダンパーを交換したり、
防水したりいろいろやって
昨日の朝五時頃、例の人気投票を見てたら84だかそのくらいだったんだ。
やっぱり100くらい投票してもらえたら嬉しいよね〜なんてハットリさんと話してたんだ。

それなら犬ブログのみんなにお願いしちゃう?って
そういうことになって昨日の記事になったんだけど、
仲間や友達もSNSでシェアしてくれたりして、なんと今日の時点で
114票!
本当にありがとう!


犬ブログの読者のみんなはいつも僕のやるバカなことに概ね好意的で
何を始めても応援してくれる。
本当に感謝しています、ありがとう。

赤坂の坂をカートで走って特になにも変わらないし
一円にもなるどころか持ち出ししかない、
でもなんでこれやってるかと言えば
スピードとかレースもそうなんだけど
みんなご飯食べてる?
寿司のシャリ残す問題だけじゃない
カレーとか牛丼とかご飯食べてるかい?

我々はお米の国で生まれて育ったんだ。
タラコとごはん、
熱々の餃子とご飯
カツカレーにはご飯

たとえば僕の大好きなキッチン南海でもカツカレーご飯少なめ!はいいけど
ごはん抜き!ってやったら
美味しさ半減、いや80%ダウンだよ

ここ数年でお米やご飯が太るとか何だとか突然悪者になるって
オゾン層を壊すのはフロンガス!みたいな(結局オゾンホールは太陽の黒点の移動が主な原因だったという)
なにか恣意的なものすら感じちゃう。
突然始まったちょっと変わった流れみたいなのを見ると
ついつい疑いの心を持って見ちゃうんだ。

みんながすっかりご飯を食べなくなったら、得するヤツが必ずいるし、
輸入が止まると人間のご飯がなくなるんじゃちょっとヤバい。

というわけでお米たべてー!なんだ。


さて人気投票での一番はどうやら奈良の板金屋さんが作ってるS800のミニチュア。
これは本当に手がかかっててよく出来てる。
確か300票くらい。

何の後ろ盾も組織にも属していない僕らが
その1/3以上投票してもらえるなんて
これは相当うれしい!だってこういう投票って意外に面倒くさいし
億劫なものだよね。

では今日はボディの骨組みについて説明しよう。

この作業はハットリさんがやってくれた。
緻密で大胆な作業が得意なハットリさんだけど
この繊細な切り出しを1人でやって組み上げてるのには本当に頭が下がる。

印刷した型紙をベニヤ板に貼付けてカットの準備
形が複雑なんでちょっと歩留まりが悪い、
つまり1枚の板からあまり材料が取れないんだ。

高級ジグソーで切り出す。ジグソーもそうだけど電動工具は値段が命。
これはかなり厚い板でもきちんと切れる青いボッシュ
緑のボッシュがバイクで言う市販車なら、青はレーサーってくらい性能が違うんだ。

コツコツと切り出す

こういう作業をしているとき、心の中は湖の様に澄み切っている。
ことはまるでなくて、けっこうモヤモヤしたり乱れてることが多いよ。


 ノーズのところから組み始める


こっちがボディ
重量の問題もあるし板厚は5.5ミリ


ノーズが本体と合体!

いい雰囲気だろ?
昔の飛行機とかそういうイメージ

ハイテクすぎないスチームパンク的な中身

えっ?紙袋がかぶったら何も見えないって?

そういう人はウンコが付いた汚いパンツ何日も履いてなさい。

これがハットリさんと我々の美学なのである。

この状態で400キロ移動してデッドエンドの林道がある私有地コースで走行テスト。
そう、ともかく我々は走行テストに余念がない。
車を作る時もすぐテスト。
乗るのが大好きだし、やっぱりこの車両独特のクセに慣れておきたいから。
9月始めにシャシーだけテストして、
これは外国のカートレースでよくあるシケインを想定してクネクネ走ってみてる

10月始めに仮ボデイで山に行って全長1キロのコースを10回くらいテストして
一昨日も当日と同じであろう雨の中で
ルールブックにあるとおりのサイズや高さのジャンプ台を作って
テスト走行をしてみた。

テストするたびに発生する問題をゴムブッシュや針金や
高級ステアリングダンパーで解決しながら
確実に操縦安定性は高まって来たけど
実際タイムが速くなってるかはまるでわからない。
だって走るのが面白くてタイム測ってないんだもん…


米袋と言う地味なモチーフと
おっさんだらけで何の面白みもないであろうパフォーマンスでは
それほど得点が得られないと考えて
ともかく走行性能を上げることことに
集中しているのだ。



これがボデイの骨格


なんだかやる気あるだろ?
ところがこのボディは繊細過ぎたのか
たった2回のテスト走行でガタがきてしまい、
作り直しを余儀なくされるのである
どうなる!!

とういうわけで投票してもいいよって人は
与えられるのは名誉だけ。



ここの下の方から投票してくれるととてもうれしいです。







Thursday, October 19, 2017

僕からのお願いです!Redbull Box cart Race

ハロー!インターネットの世界からちょっと遠ざかってたよ
何をしていたかと言うとレッドブルボックスカートレースってのにチャレンジするんだ

もちろんビンテージバイクのレースやVMXも大好きだし興味あるんだけど
僕が持ってるバイクは全然ビンテージじゃないから、まるで参加も出来ない。
「オマエは来るなよ!」って言われてる気分がして「じゃ行かねえ!」って思ってたのも半分事実。
で、レッドブルボックスカートレース
葉山に住んでるロクデナシのシゲが「これ出ようぜ」って送って来て
バイク仲間のハットリさんが地元の田んぼが牛の飼料しか作ってないことや
炭水化物抜きダイエットでお米が食べられないことを心配して
「お米たべてー!TEAM」を立ち上げたんだ。
だいたい寿司のシャリが酢に付けた大根ってなんだよ!
そんなの食うくらいだったらアメリカンドック食う!

そして月日は流れて本戦はいよいよ今週の日曜日
10月22日なんだ。


レッドブルボックスカートレースでは「一位になっても全然いいことがない」人気投票がある。
与えられるのは名誉だけ。


そこで僕からのお願い、
ここの下の方から投票してくれるととてもうれしいです。
またがんばってみんなの退屈しのぎになるような記事を書くからさ。


試乗してみたけど、意外に時速40キロくらいは出る

木を組んで作ったボディ

これは試走のためだけにわざわざ作った擬装ボディ


これが本番用ボディ

シャシーはフルスクラッチの鉄製、
リアホイールはオフロードバイク用

意外に重くなっちゃったのでタイヤの使わない部分を金ノコで切りおとすシゲ
切ったブロックは測って楽しむのである。


せっかくの紙のボディも雨には弱い
そこで雨合羽を作ってもらった

昨夜車体が完成!行くぜ!!

と言う訳で投票お願いします!




Tuesday, October 10, 2017

Red bull Box Cart Race 2017と近況報告

ハロー!3週間くらい放置しちゃった。
ごめんなさい。
今年の夏はハーレーであちこち行ったなあ。
HBJの企画で紀伊半島まで往復1000キロ
浜松の手前までうなぎ食べに日帰り600キロ
先週はRed bull Box Cart Race の試走を兼ねて岐阜の山の中まで往復750キロ
ネジがゆるんだりしたくらいで、犬号自体はたいしたトラブルなく帰って来れたのは
本当に嬉しかった。
いつも書いてるけど、自分で作ったバイクだから、どのバイクより信用ならないんだ。
風切り音とエンジンの音を聞きながらアクセルを開けて高速を走る間
タイヤが外れたりしないだろうか?(多分しないと思う)ガス欠大丈夫かな(起こり得るかもしれない…)みたいなことを考えながら
地面と景色がタイヤにたぐり寄せられるみたいに後ろに流れていく。
まあまあのシールチェーンに換えて前後スプロケットも新品にしたし、その時フロント22Tリアが46Tにしたので、燃費も良くなった。
今までは前19Tリア45Tだったんだ。

ポジションも長距離に合わせて幅広いハンドルと荷物が詰めるようにシーシーバーを付けたので荷物に寄りかかって運転出来るようになった。


今はやっぱり都内の道路に合わせてZバーを使ってる。
狭いところで走りやすいからね。
今はあまりイベントとかレースの観戦というより自分が走ることに気持ちが行っちゃってる。他の人のバイクや走りより自分のことが優先って状況で、ブログもちょっと気が抜けちゃってた。
僕自身もレースにチャレンジするから。
そのレースはRedbull Box cart race
栄養ドリンクのレッドブルが自作のカートを集めて赤坂のてっぺんから下らせて競争するという、これまた実にシンプルでわかりやすいレースなんだ。
実際僕はたいした事してないんだけど、それでもレースはレース、自分のチームだから
気持ちの入り方が違う。
その辺のことはまた次回詳しくね!
では!





Tuesday, September 12, 2017

アイアンその後

犬トレイシーを被せられてショーに出て来たアイアンがどうなっているかと言うと
特にどうにもなっていません。